レーシックと審美の相関性

審美を見極めるためには、確かな『眼』が必要です。このサイトでは、本当の審美とは?という課題に対して、レ-シックによる視力回復がどう作用するか? について語り合うページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

? レーシック手術20年後、30年後は、どうなるのでしょうか?

◎bレーシック手術20年後、30年後の予知性は?:

 

コンタクトレンズでさえ年間数名の方が失明をしています

そして、

レーシックの失敗率は飛行機事故以下

です。
 
 外出することさえもリスクを伴いますが、それ以下です。
【“? レーシック手術20年後、30年後は、どうなるのでしょうか? ”の続きを読む】
スポンサーサイト

?レーシック手術後、どの位で「仕事」に復帰できますか???

レーシック手術後、どの位で「仕事」に復帰できますか?:
 

手術当日と前日は、休暇をとりましょう



 夜遅くまでTVを見たり、読書をしたりしないで、早く寝るようにしましょう。

 

手術翌日からお仕事を開始することが可能です



 ただし、車の運転は、手術当日と翌日は控えましょう。


【“?レーシック手術後、どの位で「仕事」に復帰できますか???”の続きを読む】

◎レーシック、イントラ、エピレーシック、PRK術式との相違は?

レーシック、イントラ、エピレーシック、PRK術式との相違は?:

 まずは、レーシックとイントラレーシックは基本的には同じです。ただその蓋を作るときに刃物を使ってつくるかレーザーで作るかの違いです。
アメリカでの普及率もまだ少なく、どのような合併症が起きてしまうのか明確ではないうえ、視力がまた戻った時に再手術をするのが非常に難しいという報告も受けています。
 
 4割ほどの方が角膜の厚みが薄く、レーシックが出来ない方がいらっしゃいます。その方々をフォローする為に、限りなく薄く蓋(フラップ)を作ることが安全にできるエピレーシックを導入し、その前はPRKを行っていました。

 PRKは、角膜に直接レーザーをあてる方法です。エピレーシックが適応の方でも、眼圧が高い方や目が大きく開かない方で蓋(フラップ)を作る機械が目の中に納まらない方へはPRKをお勧めしています。レーシックとエピレーシック・PRKの違いは、蓋(フラップ)を作るか作らないのかです。

【“◎レーシック、イントラ、エピレーシック、PRK術式との相違は?”の続きを読む】

? 読書やテレビ、パソコンはひかえる???

レーシック手術当日の夜は?:

 夜更かしをせず早く就寝するべきです。翌日からすぐに、普段と変わらぬ生活ができます。

 

読書やテレビ、パソコンはひかえるべきです!




【“? 読書やテレビ、パソコンはひかえる???”の続きを読む】

◎レーシック・オペ後にフラップが取れた場合は?

レーシック・オペ後にフラップが取れたらどうなるの?


 目に強い物理的衝撃を受けてフラップが取れ手しまった場合、そのときは

失明です




【“◎レーシック・オペ後にフラップが取れた場合は? ”の続きを読む】

◎アイトラッキングシステムとは?

アイトラッキングシステムとは?:
 

「眼球追従機能」という意味


 従来は医師が患者様の角膜の中心を確認しながら手動で合わせていたため、微妙な照射ズレが生じていた。

 アイトラッキングシステムは眼球の微細な動きにも瞬時に反応し、常に角膜の中心にレーザーを照射します。これにより照射ズレが無くなり、一段と正確な施術が可能である。


【“◎アイトラッキングシステムとは?”の続きを読む】

◎白内障治療について

*白内障の治療は、濁ってしまった水晶体を、手術によって人工水晶体(眼内レンズ)と交換しまる治療法です。

薬剤による治療では、白内障の進行を遅くする事はできますが、症状を改善する事はできません。

無痛日帰り白内障手術を行っているクリニックも存在します。



 治療は、点眼薬での麻酔により痛みが無く、治療技術の進歩によって時間も5分程なので、患者さんに負担の少ない治療と言われています。
 
 最近は、老人性白内障を早期に手術する方が多く見られますが、進行した白内障でも、安全に手術できるので、日常生活に支障が無ければ、手術を急ぐ必要は全くありません。


【“◎白内障治療について”の続きを読む】

★「コンチェルト」って何?

ドイツWaveLight社製>エキシマレーザー:

「コンチェルト」

を導入。世界最高速の500Hzのレーザー照射で、平均的な近視の方ならわずか5秒で視力が回復可能。


★レーシックと医療費控除

★医療費控除について:
 
1月から12月までの間に、本人または家族(税法では「生計を一にする親族」といいます)が

支払った医療費が10万円を越える

方は、確定申告をすれば税金の還付が受けられます。

(10万円を超えた医療費全額が戻るわけではなく、所得税率など複雑な計算によって、最終的な還付金額が決定いたします)確定申告の時期は、1月から12月までの間に支払った医療費を、通常翌年の2月16日から3月15日までに申告します。


【“★レーシックと医療費控除”の続きを読む】

★レーシックと生命保険!

★生命保険のレーシック手術給付金とは?:

 多くの生命保険・医療保険でレーシックが手術給付金の対象になっています。加入している保険の種類にもよりますが、一般的に3万円~10万円くらいの手術給付金が支給されます。どれくらいの額が支給されるか、また手術給付金の対象か否か、詳しくは現在、ご加入されている保険会社へ問合わせる必要があります。また、問合せの際の正式な手術名称は、

「レーザー角膜屈折矯正手術」

です。
 
 保険会社へ手術給付金の請求をする場合、診断書の作成が必要になります。多くの保険会社では、給付金申請用の診断書フォームがあり、その書類が必要です。

 つづく
【“★レーシックと生命保険!”の続きを読む】
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。